洗顔のことちょっと考えてみました。

Posted on by

洗顔は毎日するもの、だけど意外と気づいていないですが、その洗顔でお肌の調子ってかなり変わってきます。

洗顔フォームを使うのが普通なんですが、石鹸という選択肢も最近は増えてきました。

今なぜ、石鹸という話もあるでしょうが、洗顔フォームに含まれている成分など気にされる方は石鹸を選ばれているようです。

お顔以外に使えるのもいいみたいです。体全体に使えば石鹸一種類ですむので、いろいろ買うよりオトクだったりします。

もうすこし石鹸のことを話すと、肌に負担が少ないのは洗顔フォームよりも、洗顔石鹸なのです。

実は洗顔石鹸と、洗顔フォームでは成分攻勢が違っているのです。
このことを知らずに使っている人が実に多いですよね。
洗顔石鹸の原材料で主成分は、脂肪酸カリウム、それから、脂肪酸ナトリウムと言う物質です。
洗顔フォームには、合成界面活性剤が主成分として入っています。

お肌の弱い方は、この合成界面活性剤が悪さをすることがあるんですよね。
でも洗顔石鹸で洗うと、「洗いあがりに肌がつっぱる」という感じがあります。
確かに、洗顔フォームのほうが良くあわ立って、保湿性もあるので、洗いあがりが気持ちよいかもしれません。
ですが、洗顔石鹸でつっぱったとしても、それは化粧水などですぐに保湿してあげればよいだけのことです。洗顔フォーム使っていても化粧水は使うしね。

洗顔石鹸について、まとめられているサイトを見つけました。ココだけで紹介しているキレイになれる秘密なんてあって、気になりました。

洗顔石鹸 ランキング

 

 

 

 

洗顔石鹸で毛穴掃除

Posted on by

みなさんは、どんなお肌のトラブルにお悩みでしょうか?
くすみ、しみ、しわ、など、あげていけばきりがないほど、肌のお悩みはどんどん出てくると思います。
それだけ、女性のみなさんは今の自分の肌に満足していないのでしょうね。
年齢が上がっていくに連れて、その悩みも増えるようですが、そこで諦めてはいけません。
スキンケアも、出来ることを確実に行っていれば、今より状態は改善されるはずです。

例えば、小鼻です。
みなさんの小鼻は、いつもきれいになっていますか?
ぶつぶつが気になったり、毛穴が詰まって、ざらついていたりしませんか?

小鼻の汚れは毛穴のつまりであり、溜まっていくと肌がぶつぶつと黒ずんで見えますよね。
これでは素顔に自信が持てないばかりか、お化粧の際、それを隠すために苦労します。
こんなとき、みなさんはどのように小鼻の汚れを取りますか?
鼻に塗るパックや、毛穴シートなど、改善のための商品もいろいろ売られているようですが、毎日の洗顔でもそれがお掃除できちゃうのです。
毎日、洗顔で使っている洗顔石鹸をお持ちだと思いますが、それで小鼻の汚れを掃除しましょう。

普通の洗顔方法ですと、洗顔石鹸を泡立てて使うことが基本だと言われています。
たっぷりの泡をまず作ってから、それで顔を包みこみ、優しく洗う、これの洗顔方法が正しい方法ですよね。
ですが、小鼻の汚れはお掃除言うと頑固な汚れですから、そんな優しい方法では落とすことが出来ません。

小鼻の汚れ、これはキッチンで言ってみると、ガスレンジ周りの頑固が油汚れと言うところでしょうか。
小鼻のぶつぶつは、皮脂が毛穴に詰まって汚れているのです。
それを取り除くためには、少し違った洗顔石鹸の使い方をしてみましょう。
では、その方法をご紹介します。
まず、顔をぬるま湯でさっと洗います。
お風呂に入ったときについでに洗顔しても良いですね。
そして、肌を適度に湿らせたら、小鼻に直接、洗顔石鹸を塗ります。
泡立てずに、直接、塗るのです。
この時、洗顔石鹸は固いままではないと意味がありません。
水分を含んでしまった軟らかい洗顔石鹸ではダメです。
洗顔石鹸に角の部分があれば、そこを使って、小鼻に石鹸をすりこみましょう。

お洗濯で言うと、襟の汚れに予め、液体洗剤などを塗ってからお洗濯すると汚れが落ちやすいですよね?
それと同じ原理で、洗顔のまえに頑固な汚れのある小鼻には直接、石鹸を塗って置くのです。
先に、洗顔石鹸を小鼻にすりこんだら、後は、いつもと同じように洗顔します。
通常通りに泡立てて、顔を洗いましょう。

どうでしょうか?
割と簡単に出来ますし、普段使っている洗顔石鹸で出来れば、新しく何かを購入する必要もありません。
「いちご鼻」で悩んでいる人にお勧めの裏技洗顔方法なのです。
これで、つるつるとした小鼻に戻れます。
こうして、たまに小鼻のお掃除をして、それまでたまった皮脂を取り除くことも、肌を健康に保つ秘訣ですね。
頻繁に行うとそれも肌にダメージとなりますから、やりすぎには注意が必要でしょう。

 

 

 

 

 

 

肌トラブルを洗顔石鹸で予防する その3

Posted on by

そのほかに、肌に必要な有効成分も配合してあり、毎日の洗顔にはぴったりの洗顔石鹸なのです。
これだけ多くの人々から支持され、販売個数ナンバー1で居続けるのは、やはりその効果が期待できるからでしょう。

それから、肌トラブルと言えば、多くの女性が気にするにきび、これも洗顔石鹸で予防することが可能です。
にきびが出来ると、どなたでもそうだと思いますが、本当に嫌な気分ですよね。
目立つところに出来てしまった日に、デートだとしたら、本当にテンションが下がることと思います。

気になるだけでなく、肌に直接、ダメージを与えてしまう原因もにきびなのです。
みなさんも、ポツっと出来たにきびを手でうっかり触ってしまうことがあると思います。
中にはだめだとわかっていてもつぶしてしまう人もいらっしゃるでしょうね。
これで中にばい菌が入って、余計にダメージを与えたり、傷として肌に残ったりします。
にきびのあとはお化粧で隠すことも一苦労でしょう。

にきびは、毛穴トラブルだと思っていませんか?
実は、にきびは、毛穴が引き締まっていれば避けられるものなのです。
ですから、毛穴を引き締めるような洗顔石鹸を使うと良いでしょう。
また、効果のある洗顔石鹸で毛穴の汚れをなくしておくことがにきびの予防となります。
それから、すでに、にきびが出来てしまっている肌には、低刺激の洗顔石鹸をつかいましょう。
肌に優しく低刺激の洗顔石鹸を選んで、根気よく洗顔を続けていれば、にきびも遠ざけることが出来るでしょう。

 

 

 

 

 

 

肌トラブルを洗顔石鹸で予防する その2

Posted on by

特に若い人は、現在の状態に安心してしまうことが危険なのです。
今は肌トラブルも見られない美しい肌を持っているでしょうが、10年先はどうでしょう?
未来の自分のために、今、お手入れをするべきなのでしょうが、若いうちはそれに気が付かない人が多いです。
私もそうでしたが、しみが出てきてから慌てて、洗顔石鹸でのスキンケアを始めました。
みなさんも、毎日、数回の洗顔をしていると思いますが、そこでよい洗顔石鹸を使う、使わないでは、将来の肌に大きく差が出てしまうでしょう。

スキンケアの代表であり、基本中の基本といえば、洗顔ですよね。
正しい方法で毎日、洗顔していれば、それだけでスキンケアになります。
これだけで肌トラブルは防げる可能性があるのです。
例えば、肌にダメージを与えるような洗顔方法をしていたり、洗顔石鹸の選び方が間違っていたり、そうしたことで日々、肌にストレスを与えてしまいます。

みなさんもご存知のように、天然成分で作られた石鹸は肌に良いです。
天然成分が肌を元気にしてくれて、きれいにしてくれる、そんなサポート力がある洗顔石鹸を使いましょう。
現在、売上個数が1位で知られている洗顔石鹸が、悠香から発売されている茶のしずく石鹸です。

茶のエキスは、肌に良いことで昔から知られていますが、それを最大限に活用した洗顔石鹸なのです。
ただ、お茶成分が入っているだけではありません。
配合する、そのお茶成分の「質」にも十分こだわっていると言うことです。

 

 

 

肌トラブルを洗顔石鹸で予防する その1

Posted on by

女性なら誰でも一度くらい、肌のトラブルで悩んだことが誰でもあると思います。
たまになら良いでしょうが、しょっちゅう、肌のトラブルに悩まされている人はストレスも溜まるでしょうね。
年齢を重ねることによって、仕方なく起こってくる肌トラブルもあります。
また、環境の変化、仕事のストレス、体調、季節によって発生する肌トラブルもあるでしょう。
女性の肌はこうした環境の変化に弱いようで、職場が変わって乾燥肌になった、と言うような話も聞きます。
また、この時期は決まってにきびが出る、など、季節によって肌の調子が変わってくる人もいるようです。

特に、肌トラブルで目立つものは、毛穴でしょう。
毛穴が広がり、毛穴が黒ずみ、それが原因となり、ニキビが発生します。
他にも肌トラブルと言えば、乾燥肌、肌荒れ、そばかす、しみ、などですね。

年齢が上がっていくにつれて、肌トラブルは発生するもだから、仕方ないと諦めている人も多いようです。
ですが、本当にそうでしょうか?
発生してしまった肌トラブルを、そのまま放置しておく、どんどん進んでしまいます。
小さいしみだったのが、どんどん広がってしまうこともあるでしょう。
ですから、諦めないで、肌トラブルをなんとか最小限にするように、努力する必要があります。

発生する前に予防する。
これは何事でもそうですが、肌においても良い洗顔石鹸を使って予防するという手があります。
毎日のことですから、肌に良い洗顔石鹸を選び、それを使う、その積み重ねが大事です。

 

 

 

 

お勧めの洗顔石鹸 その3

Posted on by

特に高価な洗顔石鹸は、せっかく高いお金を出して買ったのに、それが肌に合わなかったら残念ですよね。
ですから、そのような洗顔石鹸は、良心的な会社なら、サンプルを格安で出しているはずです。
また、無料サンプルを配布しているところもありますから、そう言ったものを活用しましょう。
少量使ってみてから、肌の調子をチェックし、問題ないことを確認してから、本品を購入するべきでしょう。

純石鹸と呼ばれているものは、様々な油脂が成分に入っていたり、精油などの天然香料が入っていたりするケースがあります。
これは、アレルギーを発生させる原因になる場合もあるのです。
油脂成分が不安な方は、髪染め液などで行うパッチテストをやってみると良いでしょう。
パッチテストとは、腕の内側に液を塗り、24時間そのまま放置し、肌に異常がないかテストすることです。
こうしてテストをしてから洗顔石鹸を使えば安心ですよね。

また、石鹸は良いことばかりではありません。
石鹸にまつわる家庭のトラブルの中で、一番多いのは、小さいお子さんが口に入れてしまうということが多いです。
きれいですし、形も良いので食べ物だと勘違いして、口に入れてしまうお子さんがいます。
保存方法ですが、お子さんが容易に触れるところに置くことはやめましょう。
特にご紹介したチョコレートの形をした洗顔石鹸などは、お菓子と間違えてしまうかもしれません。
赤ちゃんの誤飲は、おかあさんが気をつけてあげましょう。

 

 

 

 

お勧めの洗顔石鹸 その2

Posted on by

さて、他にもナイアードと言う会社から出ている「アダテペの石鹸」と言う洗顔石鹸があり、これもお勧めです。
みなさんは、聞いたことがあるでしょうか?
この洗顔石鹸は、なんと、エクストラバージン・オリーブオイルが100パーセントと言うから驚きの成分ですよね。

さすが100パーセントと言うだけあり、色が真っ白でその成分の純度が伺える石鹸です。
そして、意外と高くなく、500円くらいで購入できちゃいます。
使っていても固いまま石鹸がとどまってくれるので、溶けずに使えるところが良いです。
100パーセントのオリーブオイルということで、あまり泡立ちはしません。
他の洗顔石鹸がすごく泡立つことにポイントを置いているようですが、この洗顔石鹸はそれほど泡立ちません。
それが、オリーブオイルソープの特徴ですから仕方ないですよね。
その分、洗顔後は、しっとりしながらさっぱりとした感じです。

お勧めしているのは今、女性に人気があり、話題になっている洗顔石鹸です。
ですが、すべての人に合うというわけではありません。
中には肌に合わずに肌トラブルが発生する人がいることもあります。

ですから、いくら良い洗顔石鹸であっても、自分の肌に合わないと思ったらすぐ使用をやめるようにしたいですね。
高い石鹸だからとか、もったいないからとか、そういう考えはNGですね。
高い洗顔石鹸を使ってみたいときは、同じ製品を少量にした、サンプル洗顔石鹸があれば一番良いです。

 

 

 

お勧めの洗顔石鹸 その1

Posted on by

洗顔石鹸と呼ばれているものには、沢山の石鹸があります。
では、どんな洗顔石鹸がお勧めなのでしょうか?
ここでいくつかご紹介しましょう。

まず、お茶の成分をつかった「茶のしずく」、これはとても有名ですよね。
テレビコマーシャルで流れているのを見た方も多いでしょう。
売れ行きがナンバー1の洗顔石鹸であり、愛用者がとても多いです。

また、松山油脂株式会社から出ている「無添加石けん」も人気があります。
純石鹸成分が98パーセントと、とても純度が高いことで有名です。
しかも、お値段がとても安く、150円程度で購入できます。
値段が安いから泡立ちが悪いのではと思う人もいらっしゃるでしょうが、この石鹸、ネットで泡立てたら、泡立ちがとてもよいです。
しかも、顔を洗ったあと、つっぱり感がないと言う嬉しい石鹸なのです。
固く作られていますから、最後までしっかりと崩れずに、使い切ることが出来ます。

それから、太陽油脂株式会社の、お風呂の愉しみ「マルセイユ石けん」と言う商品があります。
これは、パーム油や、オリーブオイル、そして、ココナツオイルなど、肌に良い天然油脂と、グリセリン、これだけしか入っていません。

ですから、余計なものは一切含まない、完全無添加の石鹸なのです。
洗顔石鹸としてだけでなく、化粧落としとしても使用可能であることから、女性のみなさんに人気があります。
また、肌に優しいものしか使っていませんから、当然、しっとりとした洗い上がりになります。

 

 

洗顔石鹸の成分 その4

Posted on by

また、釜炊きと表示されている石鹸があると思います。
これは、ホットプロセスと呼ばれる方法で、数日かけて高温で炊き上げたものです。
他にも、オリーブオイルなどを使って数ヶ月もかけて洗顔石鹸を作る、低温でのコールドプロセスと言う方法もあります。
こちらですと、グリセリンが入っているので、とても安く売られています。

そして、せっかく気に入った洗顔石鹸、または体を洗う石鹸は、正しく保存して最後まで使いたいものです。
ソープディッシュに置いている人も多いようですが、水がたまらないようにしましょう。
水はけが出来るようなつくりになっている石鹸入れを使ってくださいね。
ネットに入れることが一番良い方法です。
昔、小学校で水道の蛇口にみかんのネットに入れた石鹸が吊るされてありましたよね。
昔ながらの一番良い方法なのでしょう。
石けん用のネットも売られていますから、それを使っても良いでしょう。
100円ショップにもいろいろなソープディッシュや、ネットが売られています。
自分のお風呂場に合った、また洗面所に合ったものを使ってくださいね。

吊り下げて置くだけですので簡単ですし、水分も切れてよいです。
洗顔石鹸も、どの石鹸もそうですが、使った後は乾かしておく必要があります。
そうでないと、水分を含んでしまい、次に使おうとした時は溶けてしまっているからです。
みなさんにも、このような経験があると思います。
せっかくの洗顔石鹸は、毎日、衛生的に使いたいものです。
ちょっとの心がけで、きれいに長く使えるでしょう。

 

 

 

洗顔石鹸の成分 その3

Posted on by

このようなお話をすると、純石鹸に興味を持たれる方も多いのではないでしょうか?
特に顔に使うのは、純石鹸である洗顔石鹸を選んで使いたい、私もそう思っています。
それに、苛性ソーダが入手できれば、手作り石鹸が出来ますね。
天然の油脂や、グリセリンなどを多く入れて作るため、保湿効果が高い洗顔石鹸を作ることが出来ますね。
こうした理由で、販売されている石鹸よりも、自分で作って使っている人も増えているようです。
エコにもなりますし、自分で使う成分がわかっているのですから安心して使うことが出来ます。

では、売られている石鹸で、純石鹸を選びたい時、どれが純石鹸だとわかるのでしょうか?
洗顔石鹸を選ぶ時に、どこを見たらよいのでしょうか?

それは、商品の成分表です。
ここを購入前には必ず見るようにしたいです。
無添加であり、純石鹸を選びます。
無添加ということは、防腐剤、保存料が入っていないものです。
わかりづらかったら、ドラッグストアでは、お店の人に聞いてみることも良いでしょう。
種類には、石けん素地、カリ石ケン素地、こう書かれているものは、純石鹸です。

また、美容にも良い、オリーブオイルから作られている洗顔石鹸もあります。
これらは、素材そのものが、成分表に書かれています。
安い洗顔石鹸ですと、中和法で作られています。
グリセリンなどをはじめとした、保湿効果が高い成分を取り除いて作られている場合があり、このような洗顔石鹸を使うと、洗顔後、肌がつっぱるのです。

 

 

 

1 2